個人投資家を増やすために必要となる個人株主向けのIR

企業が株主や投資家に対して発信する情報としてIRがあります。株主や投資家はここでの内容を元にして投資の判断をすることができ、企業にとっては重要な活動の1つになります。
個人株主向けは個人を対象とした情報が発信され、企業にとっても、個人に安定した長期保有者になってもらうことで独自の経営方針を打ち出すことができたり、安定株価の形成につなげることが可能となります。
一般的に個人株主の場合には保有株数も少なく、保有期間も不安定とされています。しかし、多くの個人株主がいることで特定の大株主に影響されくくなるメリットがあり、個人投資家からの様々な意向に配慮をすることで市場での評価も向上させることができるようになります。
また、企業にとって評価が上がることは株価や時価総額の改善につながることになり、この場合、時価総額が上がることで買収などのリスクも下げることが可能となります。

内容で押さえるべきポイントについて

個人株主向けのIRでは、まず、事業内容、強み、特徴を明確に伝える必要があります。単なる資料であったり、よく見受けられる社長メッセージなどでは関心が持たれにくく、一般的に行われている決算短信や決算説明会の資料だけでは個人の場合には読み解くことが難しくなります。ここでは、何をしている企業なのか明確に掲げることが重要になり、内容を知ることで決算等の資料も理解しやすいものになります。
次に、株主還元に関する内容を設ける必要があります。個人の場合には株主還元に関心が高く、配当実績や株主優待など、考え方も含めて具体的に伝えることが必要です。
3つ目としてはマーケート全体における企業情報を掲載する必要があり、どの程度のシェアがあるのか、ここではデータを示し情報を提供することが求められます。

長期に株を保有してもらうために必要なこと

個人投資家向けのIRでは、個人投資家が見ることで長期に株式を保有する内容にする必要があります。まず1つに自社の株価が分かるように作る必要があり、最も知りたい最新の株価を掲載することで注意を引き付けることができます。
次に最新ニュースの掲載があります。情報は適時に開示をしていく必要がありますが、この場合最新のニュースを設ける必要があり、ニュースが少ない場合には魅力が少ないと判断されてしまうことになります。
3つめには、分かりやすい内容にすることがあります。何をやっている企業なのかはもちろんのこと、どのように利益を出しているのか事業や企業投資も掲載する必要があります。また、個人向けの場合にはあまり業界用語や専門用語を使用しないこともポイントの1つになります。使用する場合には注釈で用語の解説を入れることも有効な方法となり、より内容が理解されやすくなります。